完成:2022年予定
敷地:鹿児島県大島郡
用途:一戸建ての住宅
構造・規模:木造1階建て
敷地面積:272.51㎡(82.4坪)
建築面積:67.07㎡(20.3坪)
延床面積:65.41㎡(19.8坪)
構造設計:円酒構造設計
施工管理:未定

緑に囲まれた、集落内に新たに造成された分譲地における、小さな平面の戸建住宅の計画。
正方形の平面の中心に天井の高い中土間を設け、外周部に居室・水廻り・床下収納・ロフトを立体的に配置した平面とした。
中土間の天井が高くなるよう折り曲げたとんがり帽子形の屋根は放射線状の小屋梁と櫓のような中間梁によって支えられる。
ひとつながりの小さな平面の屋根形式に変化を与えることで空間にも変化を与えており、壁として存在しない境界面を緩やかに作り出している。

コメントを残す