M邸

計画中
敷地:鹿児島県奄美市
施工:政建設

推定築40年超の木造住宅の一部リノベーション+増築プロジェクト。
親子2世帯が住んでいる住宅の、子世帯の住空間のリノベーションが当初の依頼内容だった。
だが、もともとそのような想定で作られていない住宅であったため、内部の動線が複雑かつ長いものだった。それを解消するためには親世帯と共有している水回りを始めとする各室の配置の一新が必要であった。
そこで部屋の配置を機能的に整理したうえで、既存の天井を剥がして小屋組を露出させ、桁上がロフトでつながる断面構成を取ることとした。天井部分が抜けることで視覚的に広がりを持ち、かつ屋根の断熱改修の施工効率化も図っているが、何より住宅の歴史が刻まれている小屋組みを感じられるのは新築では作り得ない価値あるものである。
また、壁下地の一部を合板耐力壁として構造的に部分補強を加えながらの改修計画とした。
ここではシマ(方言で「集落」の意)での集まりが多く、客人を招いての宴会をよく行う文化のため、玄関をオープンなキッチンスペースと読み替え、奥に行くほどよりプライベートなスペースとして全体配置を再構成した。

大掛かりなリノベーションで内装をきれいに仕上げ、かつ壁を自由に変えて使い勝手の良い空間を作るのは、技術的にはある程度不可能ではない。しかし、かつての面影をすべてなくしてしまうような改修を本当に望むのか、という問いかけを改修のときはクライアントと設計者はじっくり話し合うことが重要だ。
そして、なぜ新築ではなくリノベーションか、という根本の問いに対する回答をぜひクライアントの皆様には持っていただきたいと常々思う。
長く住んだ家ならば、柱や梁の傷ひとつに、設計者の知り得ない思い出などがあるかもしれないのだから。

コメントを残す