計画中
敷地:鹿児島県奄美市
構造監修:円酒構造設計 施工管理:政建設+愛建工業

推定築40年超の木造住宅のリノベーション。
親子2世帯が住んでいる住宅の、子世帯の住空間のリノベーションが当初の依頼内容だったが、もともと2世帯を想定して作られていないために内部の動線が複雑で、それを解消するために親世帯と共有している水回りを始めとする各室の配置を一新することとなった。
この住宅ではシマ(方言で「集落」の意)での集まりが多く、客人を招いての宴会をよく行う文化のため、玄関をオープンなキッチンスペースと読み替え、奥に行くほどよりプライベートなスペースとして全体配置を再構成している。

大掛かりなリノベーションで内装をきれいに仕上げ、かつ壁を自由に変えて使い勝手の良い空間を作るのは、技術的にはある程度不可能ではないが、かつての面影をすべてなくしてしまうような改修を本当に望むのか、という問いかけを改修のときはクライアントと設計者はじっくり話し合うことが重要だ。
そして、なぜ新築ではなくリノベーションか、という根本の問いに対する回答をぜひクライアントの皆様には持っていただきたいと常々思う。
長く住んだ家ならば、柱や梁の傷ひとつに、設計者の知り得ない思い出などがあるかもしれないのだから。

コメントを残す