完成予定:2020年(施工中)
敷地:鹿児島県大島郡
用途:一戸建ての住宅
構造・規模:RC+木造2階建て
敷地面積:636.43㎡(192.5坪)
建築面積:54.65㎡(16.5坪)
延床面積:94.52㎡(28.5坪)
構造:円酒昂/円酒構造設計
施工:政和豊/政建設 + 愛川翼/愛建工業

奄美大島北部に位置する、太平洋を一望できる高台にある住宅の計画である。
近年Iターン者の定住地や別荘地、リゾート地のための開発が散見される島であるが、特にこの敷地周辺はここ数年で造成・分譲された宅地が多く存在し、また集落からもやや距離があるためコミュニティらしいものどころか、まだ人があまり住んでいない地域である。
ただ、周囲に建物が少ないことに加え眼前が海の高台のため、台風時には強風の直撃を受けることが予想されるというマイナスの点を除けば、海が一望できるという非常に明快な魅力を持つ場所である。
そのような敷地特性も手伝い、クライアントの要望は南側に広がる水平線を見ながら非日常を感じられる住宅というコンセプトと、海が一望できる2階の浴室、ということであった。

この建築は、壁・スラブとも厚み300mmの、大きな基礎のようなRCボックスの上に寄棟の木造平屋を載せたような構成である。1階のRC部はリビング空間とキッチン。2階の木造部は小さな部屋が3室+水回りとしており、各部屋は桁上でひと繋がりの空間となり中心に設けたトップライトから天空光を共有する構成とした。
1階はRCの特徴である剛性の高さと木造と比較した場合の大きな柱スパンを活かし、海に臨む眺望を無柱で成立させながら台風時の揺れが小さく安心感のある構造となっている。
RCの天井スラブは厚さ300mmとし、その厚みの中に小梁を納めることで施工時の型枠を省略し工期短縮を図りつつ、スラブに応力を負担させることで大スパンの開口部にかかる梁のサイズを小さく絞っている。
一つ一つの部屋が小さく、またバルコニーを設けるために雁行した平面の2階は木造とすることでコストを抑えながら温かみのある空間を実現した。そして一つ一つの部屋からはそれぞれ海が見える構成となっており、朝どの部屋で目を覚ましても太平洋の水平線が迎えてくれるようになっている。
また、RCスラブから基礎立上りを設けることで浸水のリスクを一般的な木造と同程度まで抑えていると同時に、RC躯体からセットバックさせることでジョイント部にありがちなシールによる雨だれの汚れ等が生じないディテールとなっている。
RCの1階から木の2階に上がる中で徐々に床や壁の色、天井の仕上げが切り替わり、一つの建物にいながら変化を感じられる構成となっている。

コメントを残す