完成:2021年
敷地:鹿児島県奄美市
用途:一戸建ての住宅
構造・規模:木造1階建て
敷地面積:165.76㎡(50.14坪)
建築面積:112.62㎡(34.1坪)
延床面積:95.85㎡(29.0坪)
意匠設計:愛建工業+小野良輔建築設計事務所
構造設計:円酒構造設計
施工管理:愛建工業


建築主兼現場監督であるクライアントとともに設計監理を進めたプロジェクト。
平面計画・断面計画および素材やディテール設計までクライアントが行い、それを実現するためのエンジニア的・意匠的なサポート及びクライアントの提案に対するエスキースチェックに徹するという方式の設計監理を行った。
玄関前に設けた深い軒は外壁を守る庇の役割を持ちつつ、玄関として人を迎え入れ滞留させることができる可能性をもつ自由なスペースとなっており、クライアントの住みこなしに委ねた余白空間となっている。
深い軒を支える両袖壁はスラストを抑えるために高基礎を採用し、純粋な切妻型の軒下空間を実現している。
クライアントにとって、これまで現場監督として積んできた経験の集大成的な建築であり、素材・ディテールともに質の高い施工が心がけられている。
シンプルな構成の住宅のため、島で生まれ育った建築人であるクライアントの思想がより純粋に物質へ顕在化されるようディレクションを行った。

コメントを残す