完成:2020年10月
敷地:鹿児島県大島郡瀬戸内町
用途:一戸建ての住宅(別荘)
構造・規模:木造2階建て
敷地面積:218.50㎡(66.1坪)
建築面積:73.71㎡(22.3坪)
延床面積:104.34㎡(31.6坪)
構造設計:円酒昂/円酒構造設計
造園設計:浦田知裕/浦田庭園設計事務所
施工管理:青井実/アオイ・ホーム
建築写真:石井紀久

奄美大島における独立後の初プロジェクト。
美しい砂浜が眼前に広がる嘉鉄集落内の別荘の計画。

小屋裏に一室40帖の大空間を持つ空間形式。
その小屋裏は非日常を許容するおおらかな空間として、生活空間である1階の頭上にただ存在している。

奄美における高倉と呼ばれる伝統建築も同様、大空間が宙に浮かんでいる印象的な形態の建築である。
高倉のある風景はかつての奄美では「あたりまえ」の風景だったが、時を経て高倉自体の数が減った今、高倉そのものがランドマークやアイコンとして公共建築等にリメイクされ、消費されるようになってしまった。
このプロジェクトにおいては、そのような予定調和的であったり、表層的な形態模写によって作られるランドマークではなく、かつての高倉が持っていた個人所有の建築群が生み出すアノニマスさを再解釈することで結果的に建築がランドマークになる、というプロセスを再現したいと考えた。
現代の別荘というプログラムと、かつてからこの地にあった伝統建築をオーバーラップさせるため、この建築においては島内で見られる、かつて島のブリコルールによって生み出されたであろう独特なディテールや工法、プロポーション等をコラージュ的に統合する手法により設計を行っている。

かつて食べ物を貯蔵するという生死を左右するほどシリアスな機能を担っていたがらんどうの空間は、現代の別荘においては人が集まったり、大人数で雑魚寝したり、子どもが走り回ったりと、そこで許される行為を豊かにする付加価値的な空間へ読み替えられた。
行為を許容する広さとは豊かさの一つの指標である。

その40帖の大きな空間は、トラス構造による安定性と、見付面積を抑えることによる耐風圧性能を両立させるために方形屋根形状をベースにしている。
方形屋根は仕口が複雑になるが、プレカットチェック段階で3Dモデルで寸法形状を検討し、プレカット工場で加工してもらうことで、高湿度・強風の外部環境下での現場作業工期を短縮している。
また、熱のこもる頂部から排熱するためにトップライトの煙突効果+機械換気による強制排気で室内温熱環境の向上を図っている。

出展・掲載
・建築家住宅手帖 instagram @archi_techo_official
・「初出展03」@BankART

コメントを残す